加圧スパッツ

加圧スパッツとは一般的に、脚に適度な圧力を与えて引き締め効果を得られるように作られているスパッツのことです。

特徴としては様々な長さがあるという点ですね。膝上までの加圧スパッツもありますし、足首までの長さのものもあります。ファッションに合わせて長さを変えることもできますね。

加圧スパッツの使い分け

就寝用加圧スパッツ

寝ている間に履くタイプのスパッツで、昼間の疲れを癒やす目的を重視しています。そのため圧力は弱めに設定されています。寝ている間は下半身の血圧が低下するのが一般的。寝ている時にスパッツの圧力が強すぎると血流を阻害してしまいます。

昼用加圧スパッツ

就寝用よりも圧力は強めで、程よい締めつけ感があります。むくみの予防や解消を目的として設計されています。

マッサージ付き加圧スパッツ

スパッツの生地にデコボコがあり、着用して活動することによってマッサージしているような効果が期待できる加圧スパッツもあります。中にはツボ押しのような作用をするものもあります。

医療用加圧スパッツ

リンパ浮腫や下肢静脈瘤などの患者さんが治療のために医療用加圧スパッツを使用することもあります。筋肉のポンプとしての働きをサポートするのを目的として使用することが多いようです。

加圧スパッツの選び方

圧力

加圧スパッツは一般的に足首のほうの圧力が高く、上のほうは圧力が弱くなるように設計されています。足首の部分は20hPa(ヘクトパスカル)程度、膝上は10hPa(ヘクトパスカル)以下という感じが一般的です。

圧力が強すぎると逆に健康を損なう場合もあるので注意が必要です。

素材

加圧スパッツは肌にフィットするものなので、素材が重要な要素になります。や就寝時などは蒸れやすいので通気性の良いものが合っています。の外出時などは保温性の良いものが合っているでしょうね。

ブラックやグレーが主流ですが、中にはカラフルなものもあります。これはお好みで選ぶと良いでしょうね。

サイズ

サイズの選択は非常に重要です。ゆるすぎたら意味がないのですが、キツすぎると逆効果になったり健康被害があらわれたりする危険性もあります。

細かくサイズ展開されている製品の中から自分にあうものを選ぶのがオススメです。

フリーサイズの製品だと結局ゆるすぎる場合が多いですからね。

加圧スパッツの効果

加圧スパッツに期待されている効果は大きく分けて2つあります。

有酸素運動との組み合わせでダイエット効率アップ

体脂肪を燃やすための運動といえば有酸素運動です。代表例はウォーキングですね。エアロビクスもこれに含まれます。

継続的で、会話ができる程度の息が上がりすぎない運動です。酸素をしっかり取り込むことで体脂肪を燃やしていきます。20分以上継続して運動することがポイントとなりますね。

この有酸素運動を加圧スパッツと組み合わせて行うと、血流も促進されて体脂肪の燃焼効率が上がると考えられます。

太ももやふくらはぎの引き締め

加圧スパッツは圧力がかかっている分、溜まった老廃物も排出されやすくなり引き締め効果が期待されています。効果が目に見えて感じやすいということからも人気があります。

加圧スパッツは「ダイエットスパッツ」とか「着圧スパッツ」などと呼ばれることも多いです。衣服圧のあるスパッツは、骨盤の矯正や脚やせなどの効果を期待されて人気が高まっていますね。

危険性

加圧スパッツはサイズ選びを失敗すると湿疹が現れるとか、健康に障害があらわれたりするという危険性もあります。

サイズ選びにとって重要なのは自分にフィットするかどうかという点です。フィットしているというのは締めつけ感が強すぎないということ。程よい締めつけ感があると着用した際に心地よいと感じます。

痛みを感じたりキツイと感じるようなら我慢すると危険なのでサイズを変えたほうが良いです。

ちょうど良いフィット感がわからない場合は、てのひらを試しに入れてみると良いです。もし入らないようであればサイズがきつすぎると考えられます。ちょうど入るぐらいの隙間があれば、それがちょうど良いサイズと言えますね。

結局の所、いくつもの製品を試してみることが大事です。同じサイズでもメーカーによって微妙な違いがあります。自分に合ったものを見つけるまでは色々試してみる必要があるので時間がかかるものです。

圧力が弱いと効果がなくて意味がないのですが、だからといって圧の強すぎるものは身体の健康を損なう危険性もありますので慎重に選ぶようにしてください。

>>ニッセンの着圧系アイテム一覧